2021年演奏会

浜松フロイデ合唱団は、1973年に音楽鑑賞団体「浜松労音」の主催によって開催された浜松で初めての市民合唱団による「第九」演奏会をきっかけに結成された合唱団です。

その後、1981年から毎年プロのオーケストラと「第九」を共演しています。

1999年から自主運営となり、2001年2月には、アマチュア合唱団として全国で初めてNPO法人格を取得しました。2019年にはアクトシティ浜松開館25周年記念第九演奏会に運営協力し、当合唱団から137人が参加しました。

2021年には新型コロナウィルスの影響で1年延期した演奏会を開催し、多くのお客様から暖かい拍手をいただきました。

ごあいさつ

 このたびは、浜松フロイデ合唱団のWebサイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 当合唱団は、演奏会などの文化、芸術の振興を図る活動を行うこと、音楽を通して情操を育み、文化、芸術の香り高い、潤いある街づくりの推進に寄与することを目的に活動しています。

 私たちの最大の特色は、全ての団運営が団員ひとりひとりの手によって行われているところにあります。「みんなで話し合い、みんなで決めて、みんなで運営する」スタイルを守ることで、さまざまな年齢や職業の人がひとつの目標に向かい、協力し合いながら、その年 その時でしか味わえない「感動」「達成感」を体験し、自分たちの合唱団を創りあげています。

 これからも、「ハママツの第九」演奏会開催をはじめとした事業を通して、「音楽の都・浜松」づくりに寄与してまいります。みなさまのご理解・ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

特定非営利活動法人 浜松フロイデ合唱団
理事長 永嶋 公一