1981年から毎年「第九」を歌い続ける、浜松を中心に活動する市民合唱団です。

第9回 天使の階級

「第九」の歌詞の中に「Cherub」という言葉が出てきます。「虫けらにも快楽が与えられ、天使ケルビムは神の御前に立つ」の「天使ケルビム」です。
天使って「エンジェル」じゃないの? 一般的にわれわれ日本人にとって天使はあまりなじみ深い存在ではありませんね。ここでは、さまざまな種類の天使とそれらの階級についてご紹介いたします。

では、天使とは一体何でしょうか?
一般的には「神に仕え、その使者として地上に遣わされた者」と説明することができます。これはこれで正しいのでしょうが、実は天使には多くの種類が存在し、一言で定義するのは難しいのです。
天使の役割、仕事の内容はさまざまです。神様の身の周りのお世話をする者、大自然の秩序を守る者、人間を守護する者などなど。そして、それぞれの天使が担っている仕事の内容は、彼らの階級によって決められているのです。
天使の階級およびその役割は次の9つに分けることができます。

①熾天使 Seraphim
(セラフィム)
最も神に近い御使いであり、威厳と名誉に満ちた天使。身体には6枚の翼を持ち、そのうち2枚で顔を覆い2枚で足を隠し2枚で飛翔すると言われています。またその手には”サンクトゥス”(聖なるかな)の歌詞を刻んだ炎の短剣か旗を持っています。
②智天使 Cherubim
(ケルビム)
神殿の入り口を守る番人の役目を持ち、エデンの園の東門で”あらゆる方向に向かう炎の剣”を武器としてアダムたち追放者が寄りつかないように護衛しています。4枚の翼を持ち、腕や顔は4つずつ、その足元に車輪がある異形の者と考えられています。
③座天使 Ofanim
(オファニム)
神の玉座を運ぶ尊厳と正義の天使で、そのシンボルは”火車”。しかし役職上、実際に神の玉座を運ぶのはケルビムであり、オファニムは戦車など実戦上の役目を果たしたのだと言われています。
④主天使 Dominions
(ドミニオンズ)
統治支配を意味する天使。神による真の統治を絶え間なく熱望することを役目とし、神の言葉を宇宙に知らしめるためのあらゆる活動を行っています。
⑤力天使 Virtues
(ヴァーチューズ)
地上の奇跡を司ることを役目としており、地上の英雄たちを力づけたり、正しい行いをする者たちの前でその奇跡の威力を見せたりします。
⑥能天使 Powers
(パワーズ)
神によって最初に作られた天使。その任務は地獄に落とされた天使つまり堕天使である悪魔の軍勢と最前線において対抗することです。そのため全ての天使の階級の中で堕天使となる数が最も多いのもこのパワーズです。
⑦権天使 Principalities
(プリンシパリティーズ)
地上にある国や都市を統治支配することを役職とし、人間の指導者たちの行ないを監視して正義の方向に決断させるようにするのが仕事です。
⑧大天使 Archangels
(アークエンジェルス)
最も知名度が高く、天使の中で最高の権力と能力を持っています。下から二番目の階級でありながら実際には天界における中枢と言うことができます。また、終末の時には7人の大天使がラッパを吹きその時を知らせる役目を持ちます。
⑨天 使 Angels
(エンジェルス)
最も人間と親密な関係を持ち、人間を悪意から戒め正義の方に向けさせます。また大天使の命令を実行するなどあらゆる所で働いており、その数は数えることができないほど多いと言われています。

天使ケルビムどうです、天使の世界はなかなか奥が深いですね。
そして、我らがCherubは神殿を守護する位の高い天使だったのですね。だからこそ「der Cherub steht vor Gott」(智天使ケルビムは神の御前に立つ)なんですね。その神々しい姿を思い浮かべながらこの部分を歌ったり聴いたりすれば、「第九」をより深く理解できるかもわかりません。

WEBサイト「天使の階級」から引用させていただきました。
http://www.geocities.jp/kaito_hayama/angel_01.htm

第九ミニ知識 に戻る

 

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.