1981年から毎年「第九」を歌い続ける、浜松を中心に活動する市民合唱団です。

浜松混声合唱団

  • HOME »
  • 浜松混声合唱団

1984年に浜松フロイデ合唱団でベートーヴェンの第九を歌った仲間が「一年を通して歌いたい」という思いから結成した合唱団で、毎年夏に演奏会を開くことを目的に活動をしています。
これまでに日本の合唱組曲の他、新星日本交響楽団との共演でモーツァルト「レクイエム」(1991年)、オルフ「カルミナ・ブラーナ」(1993年)、ブルックナー「ミサ曲第1番」(1997年)などの大曲にも挑戦し、1997年夏にはワルシャワでポーランド民謡や日本民謡などを披露しました。
2006年には浜松市と姉妹都市であるアメリカのロチェスター市を訪問して演奏を行ない友好を深めました。
団員は、毎年7月から12月までは浜松フロイデ合唱団の一員としてベートーヴェンの第九を歌っています。

 

浜松混声合唱団の歌声がYouTubeでお楽しみいただけます。
こちら からどうぞ。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.