【本日の練習箇所】
655~729小節 フーガ

【本日の練習内容】
どのパートも「Hei-lig-tum」のリズム、音の長さに注意すること

ソプラノ…728小節 カンニングブレスの練習 同じところでブレスしない。

アルト…688小節 口、唇を動かさない。口は開けたままにする。
655小節 第一声、声を太らせるともっと良くなる。

テナー…高音を出す時はアゴを上げずに生え際を上げる。
上半身と下半身は別物。しっかり支える一方でリラックス。
724小節 去年とは違うので注意。

ベース…687小節 高音の一音ずつが短くならない。

【齋藤先生今日のお言葉】
「調子がいい時は何回も声を出して、自分のいい声を覚えておく。
「ベートーヴェンの二重フーガは2.5重フーガと言ってもいい。
「しごくつもりはないです。エディ・ジョーンズはすごいです。」

【ひとりごと】
Web担当から、今日は折り返し点との指摘がありました。
入団式から演奏会までの142日のうち、残すは72日となったそうです。
係りや班が決まり、周りが見慣れた頃にはもう半分です。
のんびり屋の私はちょっと焦ってます。

(アルト sachiko)