10月15日(火)にACT25周年記念合唱団の第1回指揮者合わせがアクトシティ浜松 音楽工房ホールにて行われました。
7月初めから約3か月間、初めて第九を歌う団員にとっては少々不安のある状態と思いますが、一応最後まで通しで歌える状態で
今回、矢崎彦太郎マエストロのご指導いただき、今年の第九の音楽つくりの方向性が定まりました。
今年の第九はハイテンポな曲になりそうです。
また生演奏の音楽を演奏する意義もご教授いただきました。
次回の第2回指揮者合わせまでに今回のご指摘点を修正し、そして練習を重ね本番にはお客様にご満足いただける
演奏をお聴かせ出来るものと確信しております。