9月28日(木) 通常の練習会場(クリエート浜松ふれあい広場)でソプラノのパート練習が行われました。
フロイデ合唱団は、通常の練習以外に各パート単位で行うパート練習があります。
今週は各パートのトップを切ってソプラノの練習となりました。
練習に参加した団員に練習風景の「言葉のスケッチ」を頂きましたので掲載します。

『パートリーダーを中心にドイツ語の発音の復習、高音の復習を行いました。言葉は子音を立てるように。高音をのばす時は音が下がらないように注意するように。
休み時間には交流をはかり、新人さんが困っていることがないか等話をしました。
最後には現在練習で進んでいるフーガまで通して歌いました。』

練習を支えて下さったピアニストの大平先生ありがとうございました。

ソプラノ パート練習2ソプラノ パート練習3