無題2017年7月2日(日)浜松市福祉交流センターホールにて浜松混声合唱団演奏会が開催されました。 急に暑くなった日曜日の昼下がりに、多くのお客様にご来場いただきました。 オープニングは「夢見たものは・・・」。第1ステージと第3ステージは混声合唱団の歌声で皆様のお耳にも馴染みのある曲を中心にお送りしました。
第2ステージでは浜松市出身のバイオリニストの袴田美穂さんと合唱団のピアニストを担当されている落合洋美さんの合奏でバイオリンの名曲を演奏していただきました。 超絶技巧的なサラサーテのツィゴイネルワイゼンは多くのお客様を魅了したようです。
第1ステージで歌われた「群青」について今回の演奏会のために「群青」が生まれたいきさつを描いた「明日も会えるかな?群青3.11が結んだ絆の歌」の作者の坂元勇仁氏がお見えになりました。登壇いただき詳しいお話を伺いました。当日この書籍の販売もいたしましたので、買われた方も多いと思います。
アンコールとして「明日があるさ」を来場のお客様にも一緒に歌っていただきました。皆様、楽しく歌われたことでしょう。
最後にロビーで年末に行われるフロイデ合唱団の第九の「歓喜の歌」部分を歌って皆様をお送りしました。
本年もたくさんの方にお越しいただきありがとうございました。 また来年、このステージでお会いできることを楽しみにいたしております。 そして、団員はこれから年末にかけて「浜松フロイデ合唱団」として「第九演奏会」の練習に入ります。 12月のベートーベンの「第九」にもご期待下さい。

無題2