2016年12月25日、浜松フロイデ合唱団はアクトシティ浜松大ホールにおいて「第九」演奏会を開催いたしました。
大井剛史マエストロの情熱と知性がみごとにミックスした指揮、密度の高い神奈川フィルの演奏、松原有奈さん(Sop.)、栗林朋子さん(M.Sop.)、城宏憲さん(Ten.)、宮本益光さん(Bar.)のソリスト陣のすばらしい歌声、そしてわれわれフロイデ合唱団も今できる最高のパフォーマンスを発揮しての「一期一会」の第九が奏でられました。
会場には、例年にも増してたくさんのお客様にご来場いただき、浜松の第九をお楽しみいただけたことと思います。
これで2016年の浜松フロイデ合唱団の活動はすべて終わりました。
来年のフロイデ合唱団第九演奏会は、2017年12月10日(日)気鋭の指揮者 垣内悠希マエストロ、東京シティフィルとの共演でお贈りします。
皆さん、それまでの間しばらくごきげんよう!

アクト外観